その@
核酸って?
そのA
核酸の合成
そのB
核酸と病気
そのC
核酸と癌
そのD
役立つ核酸



そのB 核酸と病気



病気の原因はいろいろ様々。
細胞レベルで考えるなら病気は細胞が傷ついているという事。
その多くは、活性酸素が関与しているとか。
きっかけは、
ストレスとか暴飲暴食とか化学薬品とか運動不足とか・・・・
いわゆる体が錆びるという事。

活性酸素に傷つけられ正常な細胞をつくる設計図のDNAまで
傷つけられると・・・・。
間違った設計図で細胞がつくられちゃうことになる。






病気は細胞が傷ついている事。
脂肪酸を含んだ細胞膜が活性酸素で酸化され
細胞の中になるDNAが傷つくのです。

正常な細胞が正常な設計図に基づいて修復や
リニューアルをすれば正常な細胞が出来上がります。
でも、傷ついて間違った設計図で情報が伝わると
間違った細胞が出来上がります。

放っておくと間違った情報で作られた細胞が
どんどん増える事になり
体調が不都合にシフトしているといえそう。








体には、傷ついて細胞を修復したり再生したり
自滅させて処理して体を守るシステムがあります。

傷ついた細胞から体を守るために・・・
・傷ついた細胞を正常な細胞に修復する。
・間違った細胞にならないように正常な細胞へ再生する。
・修復も再生もできない細胞は自滅させて処理する。

この細胞の正常な修復・再生・処理に必要なのが、たっぷりの
核酸です。

細胞の正常な修復能力の高さは核酸が足りているかで大きく変わります。
核酸がたっぷり足りていて細胞の修復能力が高いという事は
↓↓↓

病気になりにくくて治りやすいといえそうです。




核酸がたっぷりあれば、傷ついた細胞のうち、

@傷が軽いものは ⇒⇒ 修復・再生・復活
A傷が酷いものは ⇒⇒ 自分で死んじゃう  ⇒正常な細胞で復活!
*自分で死んじゃう?:アポトーシスというプログラムされたシステムです。
  役目が終わったり正常な細胞を生み出すための大切なシステムです。

核酸が足りないと、
正常な細胞を生み出し体を守るシステムが上手く稼働しないのです。





核酸が足りないと、正常な細胞を生み出しにくく、
間違った細胞が出来やすくなる。

間違った細胞が増えれば増えるほど、体調不良に向かってしまう。



ガン細胞は、元は正常な細胞。
活性酸素が増え、低体温、酸素不足、核酸不足などによって
正常細胞が傷つき、細胞が生きていくことが困難な環境になると
細胞はその環境でも生きていけるように癌細胞として
生きる道を選びます。

生活習慣で体の中に活性酸素が多く生み出し、低体温で、
低酸素で、核酸が不足していると状態を続けていると、
健康からほど遠い体になりそうです。

日頃からの生活習慣を見直して、
核酸を補うと病気から遠い位置にいられそうです。



そのC 核酸と癌へ
〜 関連商品 〜
■核酸栄養補助食品
N&A ニューヌクレオエンジェル





Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.