TEL / 052−846−3365      営業 / 火曜日〜日曜日   10:00-18:30       定休日 / 月曜日(臨時休業有)

ホーム  オリーブから お知らせ ご相談/お問合せ 取扱商品 アクセス


取扱商品

犬猫用核酸栄養補助食品

病気がきっかけではじめられる事が多い核酸。
そうなる前から・・・っていつも・・・ずっと思っています。
核酸との付き合いは、もうかれこれ20年以上。
多くの犬猫達の力になってくれています。
犬猫達の未来の為に、細く長くがいいと思うんです。

元気な身体作りに欠かせない「核酸」

健康で元気に! 丈夫に育つように!
出来る限り病気から遠いところにいられるように!
ずっと元気に長く一緒にいられるように!
万が一病気になってもスムーズに回復できるように!

そんな愛犬猫を思うご家族の優しい願いに力を貸してくれます。

健康維持タイプ
エンジェルセブン
体質対応やトラブル対応タイプ
N&A ニューヌクレオエンジェル

ドッグフードにはほとんど含まれていないんです。
核酸の不足と老化・病気・体調不良は大きく関わっています。
でも、犬猫達の総合栄養食には残念ながら含まれていない。

 核酸って?
核酸は、細胞の核内にあるDNAやRNAなど遺伝子本体を構成している
重要な成分で新陳代謝(細胞の再生)に欠かすことが出来ません。

細胞の集合体である体は、細胞が増殖する事で成長し、古い細胞を
新しい細胞に入れ替えてリニューアル(新陳代謝)し、傷んだ細胞を
修復する事で体を保っています。体に十分な核酸がある事で健全に
成長し、正常にリニューアルし修復する事ができるのです。

子供から大人への健全な体作りと健康維持に欠かせないものです。
細胞の増殖・修復・再生に最も必要な核酸が十分に有るか無いかでは
大きな違いを生み出します。


副作用は無いの? 
核酸は体にとって重要な成分の一つで、肝臓で合成されています。
核酸は薬ではありません。
もし不足以上に核酸を摂取したとしてもフィードバックが働いて
肝臓がその分核酸合成を減らす為、体内の核酸量は一定量に保たれ
副作用の危険がありません。
ただ、核酸を摂りだしてから良好な健康状態へシフトしていく過程で
一時的に軟便や・下痢になる場合があります。

お薬と一緒に与えてもいいの? 
薬を与えながら核酸栄養補助食品を摂っても問題はありません。
ただ、体質や治療状況など様々なケースもありますので
ご心配な場合は、獣医師にご相談の上ご利用下さい。
どうやって与えるの? 
食事と一緒に摂る事をお奨めします。
1日量を食事の回数に分けて与えて下さい。
はじめは少しの量から徐々に目安量にする事をお奨めします。

空腹時に食べても消化しますが、
核酸を構成しているヌクレオチドや
一緒に配合されているビタミン群を自然に無駄なく吸収するには
食事と一緒に与える方が良いです。





Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.