オリーブは、名古屋の住宅街にある
犬猫の元気とあなたの元気 を応援する小さなお店です。
元気で笑顔の毎日にオリーブをお役立て頂けましたら幸いです。














人間は体内で生成できないビタミンCを、
常に摂り続けなければなりません。
犬猫達は体内で生成できる為、必要性は高くないといわれています。

近年獣医界では、高濃度ビタミンCの治療なども
効果を上げて広がりを見せています。
犬猫たちには体内で生成する分で足りているのだろうか?



ビタミンCは、とてもなじみのある栄養素です。
人間の医療やサプリメントとして、
免疫強化・アンチエイジング・アレルギー・関節・がん治療など
とても幅広く取り入れられいます。


人間は、ビタミンCを体で作る事が出来ませんから
充分な量を常に摂りいれ、免疫を強化や様々な病気や過剰な老化、
体調不良を防ぐ為に役立てます。



犬や猫は・・・
肝臓でぶどう糖などを原料にして
ビタミンCを生成し蓄積しています。


猫たちは腸でも
ビタミンCを作ってるとか・・・
自分たちの体の中で作って蓄える事が
出来るのです。
という事は・・・・
人間ほどビタミンCを摂りいれる必要性は
高くないのでしょうか。





ココから先は、犬のお話。(猫は少し違いがあります)

犬が体内で生成していることはわかっているのですが、
ビタミンCの必要性について確定的な結論は出ていません。

『体で作っているからあえて摂取しなくても良い』
or
『作っていても足りていないから摂取した方が良い』

大切なのは、『作っている』か『作っていない』かではなく
『足りている』『足りていない』かだと思います。
犬の食をさかのぼってみると
肉食動物は、獲物のまるごと食べて必要な栄養を賄ってきました。
内臓にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
特に肝臓にはビタミンCが多く存在します。

体内で生成するビタミンCに頼るよりも
むしろ積極的にビタミンCを摂取してきたようにも思えます。

犬を取り巻く現代の環境やドライフードという食事などの面から考えると
ビタミンCの必要性は高いと推測します。
しかし、総合栄養食からは十分な摂取が出来ていないとしたら
不足分のつけは、いつか犬たちが体で現す事になります。





ビタミンCも他の栄養素と同様に、体に必要なものである以上
足りていなければ、どこかしこに不都合がでるはずです。
特に犬達に多い疾患には、ビタミンCの不足が関与しているように思えるのです。
 股関節・膝蓋骨・椎間板・脊髄などの
 骨・関節・軟骨のトラブル
 アレルギー・アトピー・花粉症
 皮膚トラブル
 副腎や脳下垂体などが関わる
 ホルモントラブル
 患う子が増え続けている腫瘍・・・
 まだまだ他にもいっぱい・・・

これらの本来の正常な働きには、ビタミンCが関わっています。

本当は足りていないのでは。


それに・・・・ビタミンCを生成してくれる肝臓に
病気を抱えていたり、機能が弱くなっている時
や、
原料のグルコースが肝臓にキープできていなければ
ビタミンCの生成量は少なくなります。
シニア世代になれば、ビタミンCの生成量は格段に
減っていたり少なくなるはず・・・




ビタミンCは、体のあらゆるところで働き、
体内のほとんどの代謝に関わりを持っています。
ビタミンCの働き 不足するリスク
骨や軟骨の生成に必須成分 不足
骨・関節・軟骨のトラブルのリスクが高くなる
皮膚疾患が治りにくい
ヒスタミンを抑制する働き 不足
アレルギー・アトピー反応が起きやすく
治りにくくなる
副腎・脳下垂体は大量に必要 不足
副腎や脳下垂体に負担がかかる
体内の抗酸化作用 不足
細胞が傷ついて、病気・老化、
がんにつながりやすい
ビタミンCと体の関係はこれだけではありません。
膀胱・呼吸器・膵臓などの臓器にも肥満や中性脂肪にも・・・・。


もし現代の犬たちの体に十分なビタミンCがあれば
防げるものも酷くならないものもあるように思えます。

このようなトラブルを発症した体に
ビタミンCを摂り入れていくと良好な方向へ繋がる事が多いのです。

←人間の体内ビタミンC濃度ベスト6

濃度が高いところほど
ビタミンCの必要性が高い。








犬の体内でのビタミンCの合成量ははっきりとしたデータはないようです。
わかっていることは、
体の大きさと合成量は比例していないのかも・・・という事。
これは
小型犬でも大型犬でも1日に合成できる量に大差はないという事。

そして
必要と考えられる量が、合成量の10倍〜30倍だという事。
これは
全く足りていないといえそうです。

合成量と必要量の差が大きい中型犬や大型犬では不足が考えられますし、
運動量が多すぎたり、ストレスの多い子や治療を受けている子も、
補わないとまったく足りない状態
かもしれません。




今までいろいろな病気を抱えた犬達をみてきて・・・・
ビタミンCを補うことでコンディション変わる姿を見てきて・・・
やっぱり普段から摂取しておいた方が良いと実感しています。
体を十分にサポートしてくれると思います。






〜 関連商品 〜
■核酸栄養補助食品
N&A 
■核酸栄養補助食品
ニューエンジェルセブン



Dr.Noriko N&A 
N&A 地天泰
ニューヌクレオエンジェル




Dr.Noriko
ニューエンジェルセブン










食事や栄養を中心に
環境・ケアなど色々な角度から
犬猫の体の回復やコンディションアップを
ご提案いたします。
*当店は動物病院ではございません。 
食事・サプリメント・環境・お手入れなど犬猫達の体を元気へ導くための民間的なアプローチです。



      

      



犬猫健康術はコンディションを見極め、
体の気の流れを整え、
ご自宅で簡単にできるケア方法の
ご提示も行っております。


皆様の健康や元気、不調からの回復に
古代文字気功・うず気功・片野貴夫師より
伝授頂いた日本の伝統や古代の知恵を
生かした療法で施術を行っております。

*現在新規のお客様をお受けしておりません。

Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.