酵素のお話@     酵素のお話A



ドライフードや加熱した手作り食には、
消化を助けるものをお奨めしています。

加工食品や加熱食品ばかりの食生活では
体内の大切な酵素を使い過ぎてしまうからです。

酵素は命をつなぐものと言っても過言ではないほど
想像以上に大切なものだと考えています。





大きく分けると
体内で作られる
潜在酵素と体の外から摂る食物酵素



潜在酵素は、必要に応じて、消化酵素代謝酵素に使い分けされます。


食物酵素 潜在酵素
消化分解に役立ち、
消化酵素として働きます。
必要に応じて
消化や代謝に使用されます。
新鮮な食材や発酵した食品などに
含まれている酵素。

食材は、良く熟したものや
新鮮ものに多く含まれています。
パイナップルやダイコン・・・・・
潜在酵素は体内で作られています。



代謝酵素         潜在酵素        消化酵素





消化分解も代謝も生命維持を担う重要な働き。
特に代謝は生命活動のほぼすべてに関わります。


消化 代謝
消化酵素 食物酵素 代謝酵素
食べ物を消化分解のプロセスで
欠かせない酵素。
あらゆる生命活動に関わり
欠かすことのできない酵素。

体が動くのもエネルギーを作るのも血流や内臓も・・・どれもこれも・・・
酵素無くしては、細胞も生まれ変われない、働けない、維持できないのです。





体内でつくれる潜在酵素には限りがあります。
生涯でつくる事の出来る潜在酵素の量は決まっています。
限りなく生産し続けることは出来ません。

潜在酵素は
代謝酵素としてあらゆる生命活動に関わっていますから
体内の
潜在酵素量が減るという事は生命活動に影響するといえます。

そして、潜在酵素がなくなると生命活動はできません。
それは死を意味するのかもしれません。






潜在酵素が不足しないように、無くならないように
大切に温存するには、潜在酵素の無駄遣いを減らす事が必要。


そうするには、
@潜在酵素を消化酵素として使い過ぎない事。
A代謝酵素を無駄使いしない事。

@食物酵素多く摂って潜在酵素を消化酵素として使い過ぎないようにする。
・新鮮な食材を生のまま食べる機会を増やす。
・発酵食品を積極的に摂る
・食べ過ぎない
・・・・。などなど

A潜在酵素の代謝酵素の無駄に使わないように生活習慣や食生活を見直す。
・合成添加物を避ける
・生活環境で化学薬品を使い過ぎない
・薬品などの頻度を減らす
・夜更かしを減らす
・肥満を解消・・・・・・などなど



体の中で作られる潜在酵素は限りある大切なもの。

特に代謝酵素は、ほぼすべての体の代謝に関わるもので
消化酵素のように代用が出来ないものです。

現代の犬猫たちの多くが毎日食べ続けているドライフードは
加熱され加工された食品ですから食材の酵素は皆無です。

更に・・・
狂犬病・伝染病ワクチン・ノミダニ除け・フィラリア症予防、
予防のために多くの薬品を体に入れています。
ほぼ1年中何かしらの薬品が毎月という子もいるようです。
犬猫たちは、体内酵素を使い過ぎているのではと・・・
危惧します。



⇒⇒⇒酵素のお話 A
〜 関連商品 〜
■冷凍生食フード
バーフダイエット オリジナルバイトサイズダイエット



■フリーズドライ生食フード
フリーズドライリトルバイト
タスマニアサーモン
フリーズドライ
バイトサイズダイエット






〜 関連商品 〜

■光合成細菌RAP99(微生物酵素)シリーズ
三壽 トーダ酵素 戸田フロンティ酵素



     



〜 関連商品 〜
■植物発酵食品
ミネラルエイド






Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.