犬も猫も人も生きていれば体のコンディションが崩れる事も
病気になる事もあります。
でも、同様に自分の力で元に戻ろうとする力も備えています。

はずなのですが・・・
私たち人間は、日常の忙しさで
ついついジャンクな食事で賄ったり
目の前の不安解消の為に
安易にお薬を飲んだり・・・
大切にしなければならないものを後回しにしてる事ありませんか。

もっと自分の体や
犬猫の生きる力を信じてみてもいいんじゃないか・・・と
思う場面に出会う事も多くなりました。

人にも犬猫にも備わっている自然治癒について考えてみました。





自然治癒力とは、生体に備わっている治る力の事。

自然治癒力のお話では切っても切り離せないのが
『ホメオスタシス』・・・生体恒常性維持機能という概念です。
つまり、体を一定の状態に保ってくれる機能の事。

例えば・・・体温、暑い日は汗を流し、



寒い日はブルブルしたりしながら


健康なら体温は気温に大きく振り回されません。


自然治癒力は、この一定に保つ力や正しい状態に戻ろうとする力のこと。
体を守る力・修復する力・再生する力で成り立っています。





自然治癒力は、振り子で表現される事があります。
振り子は、どんなに揺れ動いても必ず元の位置に戻ります。


それは、真下に引っ張る引力のおかげ。




例えば

風邪から元に戻ろうとする時発熱や鼻水という免疫作用が起きます。

これが振り子でいう元に戻ろうとする引力です。

元の位置が健康な状態




体に備わった自然治癒力で頑張って治ると
病気の前より免疫力はパワーアップ!


そりゃそうだよね。(^^) 

自分で乗り越えたんだもの。

じゃあ、お薬を飲んだら・・・・


お薬を使うと・・・

嫌な症状は抑えられますが、それは免疫作用を止め
元に戻ろうとする引力を作動させない事。

症状はなくなっても風邪をひきやすい体はそのまま



お薬を飲めば・・・
不快な症状を抑える事は出来るけど

薬は病気になった体自体を元に戻してくれたわけではないから
病気を引き起こす体質のままって事。


繰り返せば、
免疫力はパワーダウンしてさらに繰り返す事に・・・。

そりゃそうだよね。(^^)


たぶん体は間違いを起こさないんだと思います。
それは、体に起こる不快な症状は、
常に正しい位置へ戻そうとしている証拠だからです。





古代ギリシャの医聖ヒポクラテスは、こんな言葉を残している。

「人は生まれながらに自らの中に100人の名医をもっている。」

紀元前460年とか遙か昔のお話・・・
ヒポクラテスは、
そういう目に見えないものや形の無いものにとらわれず、
臨床を重んじる医学への道を切り開いた医師だったとか。

ヒポクラテスの功績は後の西洋医学に大きく影響を与え、

医学界では、『医学の父』とか、『医聖』と言われています。

そして・・・こんな言葉も・・・・

「医師の役割は、100人の名医の手助けに過ぎない。」






犬も猫も人間も目に見えないたくさんの力を備えて、
100人の名医を見方につけて生まれてきていると思います。

だから、本当はそんなに弱い生き物じゃないはず。
でも、大切にされない体からは100人の名医達はきっといなくなってしまう。
献身的に当たり前にずっと居てくれる事は無い。



私達が大切にしなければならない事は・・・・

良く効く薬を探す事でも

検査をこまめに受け続ける事でもなくって

100人の名医があきれてしまわないように、
いざという時に働きやすいように・・・
力になってもらえるように・・・

100人の名医が逃げ出さない体を作る事

そんなふうに思います。





犬猫たちも、みんな100人の名医を抱えてこの世に生を受けてきたはず。

私達と大きく違うのは、犬猫達本人ではどうにもならないという事。

100人の名医が力を貸してくれる体を作るかどうかは、
犬猫達ではなくて、家族である私達にかかっているのです。


私たちと同じ命を預かるのですから大きな責任です。
犬猫達と一緒に生きるって事は、そういう事だと思っています。

家族として大切に丁寧に育て守る事が出来たら・・・
そう思います。



英国オックスフォード大学医学部の教授は、
『薬を飲む習性は、人類最大の欠点である』と・・・ 
そして
『薬を飲む行為は、野生動物にも劣る行為である』と・・・



〜 関連商品 〜

■光合成細菌RAP99(微生物酵素)シリーズ
三壽 トーダ酵素 戸田フロンティ酵素



     



〜 関連商品 〜
■フルボ酸飲料
オーガニックフルボ酸原液



      






Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.