TEL / 052−846−3365      営業 / 火曜日〜日曜日   10:00-18:30       定休日 / 月曜日(臨時休業有)

ホーム  オリーブから お知らせ ご相談/お問合せ 取扱商品 アクセス

オリーブのいろんなお話 ちょっとだけオリーブの言い分 犬猫のごはんについて 犬猫の困ったについて

古代文字気功術 犬猫健康術うる


 オリーブのいろんなお話

お話の前にちょっと・・・・
健康ブームで人気なのが甘酒や納豆やヨーグルトなどの発酵食品。
健康というだけじゃなくて美味しいから
人気が続いているのかな。

この発酵食品は、微生物たちの活躍で
美味しい物をより美味しくしたり、全く違う新しい物を生み出したり。

でもそれは微生物たちのほんの一部のお仕事。
例えば、
水質浄化や田畑の土壌改良とか
私たちに欠かす事の出来ない
水と食の根幹を担ってくれてもいる。

そして、体の中でも腸や口。
胃にも皮膚にもいっぱいいる。

犬も猫も同じ。

人も犬も猫も、微生物たちにお世話になってる訳です。

特に体に有益な物質を生み出す働きは、
体を構成しているあらゆる細胞たちに役立ち
私たち人も犬も猫も大きな恩恵を受け共生をしている。

微生物との大切な共生は
私には見えないし・・・よくわからないけど・・・。

では、・・・・始まりです。



微生物とは・・・Wikipediaによると
「肉眼では構造が判別できないような
微小な生物を指す。」らしい。


一般的には単細胞生物。
だから、細菌やカビとかキノコの菌類の他にも
ウィルスや珪藻とかの微細藻類も
アメーバとかの原生生物も
微生物となるわけです。


その起源は、うん十億年前。

ずっと昔の酸素の無かった地球で
果てしなく長い時間進化を続け、
太陽と二酸化炭素と水を使って有機物を生み、酸素を発生して、
地球に大きな変革を起こした立役者です。

私たち人の体は何十兆個ともいわれる細胞で出来ているわけですが
はじめのたった1個の細胞は、微生物の誕生からはじまり
何度となく分裂と変化を繰り返し進化し今があるのです。

すごいなぁ〜



私たちのルーツだねぇ。

体の細胞たちは何十兆個のかたまりの生命体になった今も
地球の始まりを担った微生物の生み出すものを必要としている。

私たちは遥か彼方の誕生と進化の記憶も何もないけれど
細胞たちはちゃんと記憶しているんじゃないかと思ったりします。

微生物は分解や合成(いわゆる代謝)によって
多くの有益な物を生み出しています。

例えば、麹からつくった甘酒・・・飲む点滴と言われている。

麹は、米に麹菌を繁殖させたもの。なので、もとは米。
ところが麹菌が加わると、消化しやすく栄養豊富で体に優しい飲み物になる

これは麹菌がデンプンをブドウ糖に分解したり、
蛋白質をアミノ酸に分解したりして
消化しやすく栄養豊富な食品となるのです。

麹菌だけではなく、微生物たちそれぞれに特性や得意分野があるわけでして
私たちはそれを生かして
お酒・醤油・味噌・納豆・漬物・・・いろいろな発酵食品をつくってきたのです。


微生物は、土や水の浄化にも利用されています。

農薬・殺虫剤・化学肥料で土の中の生態系が壊れ
地力が無くなったり、汚れてしまった土壌を浄化し、
植物が育つ生態系に戻したり。

生活廃水・工業廃水などの汚れた水を処理する
廃水処理施設で水を浄化したり。

汚れた環境を浄化し、
酸欠状態の水や土に酸素を循環させ
環境を守る為に役立ちます。

本来の自然の中でのお仕事は、死骸や糞や枯葉などの有機物を
食物連鎖や生態系という循環をつなげる地球の生命体としての
ルールの中で重要な役割。

でも、現代は・・・・
ほとんどは、人が好き勝手やってきた後始末に負われている
と言えそうです。



微生物によってもたらされる代謝産物や
浄化や酸素供給による生態系の正常化は
人や犬や猫の体の中でも
同じ様な事が、微生物によって行われ
体を培っていると思われます。

食べた物を細かく分解して吸収しやすくしてくれるのも
生命活動に欠かせない生理活性物質をつくってくれたり、
新陳代謝やエネルギーをつくったり
体の様々なところで重要な役割に関与し有効に活用され、

体の60%〜70%を占める水の浄化に役立ち
体の隅々まで酸素が供給されることで
体の健全性を保つ事につながるのだと思います。
微生物がいなくなると、体のいろんな働きに滞りが出たり、
ドロドロの水が体を流れ、細胞たちはみんな酸素欠乏になりかねない。
それは、病気を意味する事に。

どんなに治療をしたり悪いところを取り除いても
体がドロドロではまた何か起こりそうです。

微生物たちが自分たちの特性に合ったところで
それぞれに活躍できることが
体の健康や元気のスタートラインかもしれない。



とはいえ、体を汚す有害物質は呼吸をしてても取り込んでしまう時代。
過度なストレスは体内に毒素を増やすばかり。
お薬も手軽に使えちゃう時代。

圧倒的に多い仕事の量に微生物たちの処理が追いつかず、
微生物が生きていくのにも過酷な体内環境では・・・・。
十分な活躍は見込めない。
それにお薬や添加物とか体に入れる化学薬品で
殺しちゃってるかもしれない。

これは・・・地球と同じかも・・・。

自然界には無かったものが次々に登場して
微生物たちでは分解して土に戻すことが
出来ないものが増えたり
例えば海中に山ほどあるペットボトルとか・・・。

化学物質の多様で微生物を殺してしまったり、
住みにくくしたり

これはそのまま地球の環境破壊に・・・・・。


現代に病気が多いのも
何だか納得してしまいそうです。

私たちが健康や元気を望むなら、
微生物たちと共生できる体の環境を整える必要がありそうです。



体の環境を整えるのも、地球の循環を取り戻すのにも
目に見えない小さな微生物たちの大きな力が必要なのです。

でも微生物たちの寿命は短いですから
常に微生物たちをとりいれながら
微生物たちが住みやすく、繁殖しやすい環境を整えなければ・・・。

それには、まず日常の中で
発酵食品を摂り入れるのがもっとも簡単に思えます。

日本人で良かった。
調味料にも味噌や醤油やお酢とかいろいろある。
食材にも納豆や色んな種類の漬物。

でも、味噌や醤油にも
カラメル色素やグルタミン酸や人工甘味料とか
添加物が入った
そっくりさんな味噌や醤油が当たり前に
いっぱいあるし、漬物も保存料とかの添加物が
使われているものが多いので注意が必要ですが。

毎日のことですから色々は大変になっちゃいますから、
まずは日常使用している調味料にそっくりさんがいたら
発酵食品の調味料にかえてみるのはかいかがでしょう。



微生物の働きや有用性などは、もっともっとたくさんあります。

微生物たちの働きも個性があり得手不得手があり、
それによってつくられるものも様々ですから
発酵食品のメリットも栄養もすべて同じではないのです。

一般的な植物を発酵させた発酵製品やサプリメントの多くは
消化酵素としての働きが主に思われます。

それに対して微生物酵素は、
マクロファージの活性・NK細胞の活性・・・など
実に多くの有用な働きが確認され、
単なる発酵食品や酵素製品を超えているものと思います。

微生物酵素は、一度この世界から消えかけた
土や水を浄化してきた心強い微生物たちが
その浄化や多くの作用、有用な栄養を生み出す力を
そのままに甦り作り出されたものです。

自分の体がどれだけ汚れてドロドロになっているか・・・。
私は微生物酵素を飲み始めて実感しました。
体のドロドロは体の循環を悪くし、様々な
不都合を生み出していたのです。

関連商品
■微生物酵素
微生物酵素
三壽(さんじゅ) トーダ酵素
戸田フロンティア酵素 みんなキレイ
■微生物酵素
植物性ミネラル(フルボ酸)飲料(人間用)
オーガニックフルボ酸原液 100ml オーガニックフルボ酸原液 1000ml



Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.