普段何気なく飲んだり、料理に使ったりしている水。
一般的には水道水が多いのでしょうか。

国内外を問わずお水が売られています。
浄水器や活水器も用途や
求める水質に応じて実に様々あります。

日本は軟水が多いですし、
水道水自体決して飲めないという
訳ではないですから、海外の事情とは違い
健康志向や美容効果、塩素などを危惧した
安全性といった事情がありそうです。

体に入れる水の選択肢が多くある中
どんな水を選べばいいのか・・・。





水は、成人の体の約60%、子供で約70%、シニアでは50%
犬猫達は体の約60〜70%を占めているといわれます。

体重50sの人なら約35sが水。 
体重5sの犬なら約3〜3.5sが水という事になりそうです。


体内の水の2/3は、私たちの体を作っている60兆個あるといわれる細胞の中。

残りの1/3は、血液やリンパ液を中心に存在しているそうです。





体内の水は占める割合が多いだけあって体のほとんどの働きに関わっています。
血液やリンパ液などの体液は体中を巡って酸素や栄養分を運び
不要なものを回収したり体温を一定に保つ働きも担っています。


食べた物を分解したり消化してくれる
酵素も活性酸素を除去するSOD酵素も
新陳代謝に不可欠な酵素も水の存在無くして働けません。

やっぱり、水は必要不可欠なものなのです。





もともと自然界の水は私たちの体に有益な大きな力を持っているようです。
『体内の酵素の働きを高める力』 『油分と水が溶け込む界面活性の力』
たかが水、されど水。あなどれません。

〜 体内酵素の働きを高める力 〜

体内には約3000種類を超える酵素があるといわれます。
酵素は、消化・分解はもちろんエネルギーを作ったり、
有害物質を処理したり新陳代謝を行ったり活性酸素を除去したり・・・
免疫力や生命維持に必要な働きや代謝に不可欠という
重要な役割を担っています。


この酵素の働きに水は不可欠。
そしてどんな水が関わるかで酵素の働きが変わるとしたら。
また、酵素の働きにはミネラルも大きく関与しています。


ミネラルをバランスよく含んだ日本の軟水には、
酵素の働きを高める力をもっているお水が多くあるようです。
力の高低はあるものの、海外のお水よりも酵素の働きを高めるという点では、
日本の軟水が有効かもしれません。

ちなみに・・・・日本のお水と言えども塩素たっぷりの水道水では、
酵素の働きを高めるという恩恵にはうまくあずかれないようです。


〜 油と水が溶け込む界面活性の力 〜

体内に入った農薬・化学肥料・添加物などの多くの有害物質は、
体の脂肪組織に蓄積しやすく体外に排泄されにくい性質です


肥満な体はそれだけ毒物を蓄積しやすいと言えそうです。
メタボは毒素を抱え込みやすい
蓄積すればするほど体は健康とは逆方向へ進みそうです。



溜めた毒素を排泄するには、まずはメタボからの脱出です。

そこで役立つのが水のもつ界面活性の力です。

体内の余分な脂肪やコレステロールを溶かしてくれる。

使わない手はなさそうです。



体のコンディションを整えたい時は、食事や栄養からのアプローチと一緒に
口にする水を替えてみるというのはいかがでしょうか。
力を持ったお水は、体が喜ぶ水のようにも思えます。


水道水では、水の力は大きく期待できませんし残念ながら
体内酵素の働きを低下させる側面もありますが、
お水も自分で選べる時代です。
普段口にするお水、犬猫たちが口にするお水は
少し考えて選んでみても良さそうに思えませんか。



〜 関連商品 〜
■フルボ酸飲料
オーガニックフルボ酸原液



          






Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.