クリルオイルは、
オキアミから抽出されたオイルで
新型オメガ3と言われています。

DHAやEPAといえば魚油が一般的ですが、
クリルオイルと魚油では脂肪酸の構成に違いがあり
特性も大きく異なり高い有効性がわかってきています。





クリルオイルは、『南極オキアミ』から抽出されたオイル成分です。

南極オキアミは、世界で最もきれいな水質と言われる
南極海域に生息するエビに似た動物性プランクトンの一種です。

 地球上最大の生物と言われるシロナガスクジラが主食にしています。




南極オキアミから抽出されるクリルオイルにはEPAやDHAや
抗酸化作用で有名なアスタキサンチンなどが豊富に含まれています。


EPAやDHAは、サーモンオイルのような魚油が有名ですが
クリルオイルは、魚油に代わる『次世代のサプリメント』と言われています。





魚油とクリルオイルの最大の違いは脂肪酸の構成の違いが生み出す効果。



魚油



クリルオイル

『トリグリセリド』の構成

グリセロール+脂肪酸3個
『リン脂質』の構成

グリセロール+脂肪酸2個+リン酸塩
     
水になじみにくい

胆汁や膵液等の乳化分解で吸収可能

吸収されるまでのプロセスが長い
水・油になじみやすい

胆汁や膵液等に依存せず、吸収が可能

吸収されるまでのプロセスが短い








クリルオイルには、たくさんの健康作用があります。

心臓・血管・血流・脳・目・腎臓・肝臓・膵臓・皮膚などへの健康効果はもちろん
疾患時などの栄養サポートに役立ったり・・・

特に炎症の軽減に役立つ作用は、アトピーやアレルギーや関節炎におススメ。




更にアスタキサンチンの抗酸化作用など・・・
クリルオイルの有効性は幅広く、免疫のサポートや癌等にも
積極的に使用されるようになっています。

特に肝機能・脳の活性・血流や抗炎症作用は
とても有効な事がわかっています。





現代の犬猫たちが患うことの多い
肝臓・腎臓・膵臓・心臓・皮膚。
人間と同じ気になる数値の
中性脂肪やコレステロール。

体調回復にクリルオイルが大いに役立つ事がわかってきていますが、
患う前から摂り入れていると
健康と元気に役立つように感じます。



〜 関連商品 〜
クリルオイル  プチクリルオイル







Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.