犬も猫も人も体の中には、たくさんの老廃物や毒素が溜まります。
生きている以上体内に老廃物は生まれ、毒素を取り込みます。

でも体は解毒をするシステムをちゃんと持っています。
しかし、残念な事に、そのシステムだけでは間に合わなかったり、
システムの稼働自体がうまくいかなかったりという事態が
現代の私たちや犬猫の体で起きているようです。

犬猫達に多い皮膚疾患・肝疾患・腎疾患・・・・

多くの体調不良の裏側に、
処理しきれないほどの毒素や
システムの不都合が潜んでいる気がします。

現代の犬猫達は、地球環境や人と生活を共にする事で
解毒の必要性が高くなっているように思えます。






毒素は、大きく分けてこの2つ。
『体内毒素』
『体外毒素』


体内毒素:
体を維持する為にどうしても生まれてしまう毒素

たとえば、乳酸や尿素

・乳酸は運動とかでエネルギーを作り出すときに出る燃えカス。
・尿素は蛋白質を分解する時にできる蛋白質の代謝産物。
体を動かしたり栄養を摂り込んだり・・・
体の中で行われている作業には、色々な老廃物が出ます。

また、ストレスという心因的な影響からも毒素が生まれます。
生きている以上必ず毒素は生まれます。




体外毒素:
食べたり飲んだり呼吸したり・・・外から取り込んでしまう毒素
飲食・食器・添加物などから・・・
アルミニウム・鉛・カドミウムなどの有害金属や化学薬品

芳香剤・殺虫剤・除草剤などから・・・
様々な薬物・化学薬品

治療・予防などの薬、排気ガスや大気汚染・・・・
数えきれないほどあります。





体には、毒素を排泄するシステムが備わっています。

毒素の多くは・・・・・
肝臓で処理がされた後 ⇒ 血液にのり ⇒ 腎臓に届けられ ⇒ 尿として排泄されます。

体内毒素も体外毒素も多くは、肝臓・血流・腎臓を使って排泄されます。


肝臓は、有毒なものを無毒にしたり、毒性を低くする作業をして

血液に送り出し

腎臓へ運ばれると、

いらないものは膀胱へ送られて

おしっことして排泄されます。


現代の犬猫達がこのシステムでうまく処理が出来ているか・・・・
処理しきれないのでは。


肝臓や腎臓を患う犬猫達が多い現実からそう思います。





現代の犬猫達は、昔に比べて多くの毒素を取り込んでいるように思えます。

こんな症状も毒素の蓄積が関係していると言われています。

皮膚トラブル・関節炎・腸内トラブル・肥満・アレルギー・アトピー・
臓器疾患・血流障害・栄養障害・イライラ・・・・・・。



体で処理しきれないで溜まり続けると・・・まずい気がしませんか?






毒素の量が多ければ排泄に関わる臓器たちは、ずっと働きづめになります。
その状態が続けば、機能が弱り、排泄以外の大切な作業に手が回らなかったり。

文句を言わない
肝臓は、症状が出た時には手遅れのケースが多い
腎臓は一度壊れたら元には戻らない・・・。

肝臓や腎臓が症状を出して教えてくれる頃には、すでに酷い状態が多くあります。

私たち自身の気遣いがなければ過剰労働をさせてしまっているかもしれません。





歳を重ねた犬猫に肝臓や腎臓のトラブルが多くなるのも
なんとなくこのあたりが関わっているようにおもえませんか。









毒素を溜め込みすぎると、体はいつか狂いだし悲鳴をあげます。

しかし、100%防ぐことができないのも事実。

でも、
出す事を助ける事で体のリスクを大きく減らす事は出来ます。

犬猫達は、解毒のほとんどを肝臓腎臓にゆだねています。


人は汗をかいて排泄が出来ますが、犬猫には出来ません。


大昔のように自然の中から解毒に役立つ植物を
口にする機会も今の犬猫達にはありません。

更に、解毒が効果的に行われる春という季節には・・・
多くの犬猫達には、予防という名の薬のオンパレードが始まります。
毒素をたくさん出せる季節に、たくさん毒素を入れることになります。

毒素の蓄積が引き起こす体の不都合は、
長い月日をかけて体調不良や病気として現れてきます。


いつも目にしている今の元気な姿を見て、
『解毒?サプリメント?そんなものなくても元気だから大丈夫。』
そう思われる方も多いのかもしれません。

でも今の元気が病気の道へ進んでいない保証にならない事も、
病気は突然起こるのでは無い事も、病を患った多くの犬猫達を見て実感しています。


目に見えない体の中の事ですが、見えないからこそ
未来の元気の為に考えて頂けたらと思います。



〜 関連商品 〜

■光合成細菌RAP99(微生物酵素)シリーズ
三壽 トーダ酵素 戸田フロンティ酵素



     



〜 関連商品 〜
■フルボ酸飲料
オーガニックフルボ酸原液



      






Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.