その@
核酸って?
そのA
核酸の合成
そのB
核酸と病気
そのC
核酸と癌
そのD
役立つ核酸



そのA 核酸の合成



核酸は、病気をきっかけに始められるケースが多いのですが、
ホントは、『そうなる前から』って・・・いつも思っています。

核酸を『毎日コツコツ飲んできた体』と『そうでない体』では、
未来に大きな違いが生まれます。

ここで科学的なデータを並べて説明は出来ませんが、
たくさん実感してきましたから自信を持って言えます。
犬猫達の為に考えてくれたら、嬉しいです。





核酸は2つの方法で体内合成され、
体内では、常に一定の量になるように調整されています。



2種類の合成方法
デノボ合成 サルベージ合成
原  料 食材の蛋白質 食材の核酸
方  法 蛋白質を細かく分解して
核酸を肝臓で
一からコツコツ合成
食材の核酸を分解して
スピーディーに
効率よく合成
肝臓負担 大きい 少ない
合成時間 長い 短い
合 成 量 多い 少ない
活  用 正常細胞
異常細胞(ガン)
正常細胞
時間と負担はかかるけど
たくさん作れる
癌にも利用される核酸
早くて負担は少ないけど
合成量は少ない
癌に利用されない核酸







2通りの合成方法がありますが、
基本的にデノボ合成が優先され調整されています。

ですから、核酸の合成量が低下するという事は、
デノボ合成で作られる量が低下するという事になります。

合成量の低下には、デノボ合成で働きすぎた肝臓さんの
パワーダウンも大きく影響してるかもしれません。




傷めた肝臓では、核酸の合成が負担になってしまいます。
そういう時は、補助食品で核酸を補給して
サルベージ合成を優先にすると肝臓の負担は少なくなります。
また、日頃から補助食品で核酸を補給する事で
肝臓の負担を減らすことが出来ます。





老化の進行を緩やかにしたり、元気な体のキープ、
体調不良や病気からの回復には、
核酸がとても大切です。
その核酸を
負担も時間も少なく沢山作れる事が理想です。

それには、デノボ合成優先からサルベージ合成優先にして
核酸をたくさん作る事。

それにはたくさんの原料が必要




サルベージ合成の原料が少なければ、デノボ合成が優先されます。
もともと原料が少なくてたくさん作れずデノボ合成が優先になっていた
訳ですから原料がたくさんあれば大丈夫なのです。


サルベージ合成の原料を通常の食事からたくさん調達することは不可能。
最適なのは、核酸の栄養補助食品。


核酸栄養補助食品はサルベージ合成の材料を補給できるから
サルベージ合成量は簡単に格段に増える事になります。


サルベージ合成が増えれば肝臓の負担も減り、核酸不足も補えて
老化の線は緩やかにゆっくり進むことに繋がります。
また体調の回復などでたくさん早く核酸を用意できることにもなります。



サルベージ合成で作られた核酸の特徴は、
癌に利用されないという最大のメリットがあります。



そのB 核酸と病気へ
〜 関連商品 〜
■核酸栄養補助食品
N&A ニューヌクレオエンジェル





Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.