“お薬”便利で助かるけど・・・

お薬は無くては困るものです。救われる事も沢山あります。
皮膚のかゆみがあっという間に止まるのはありがたいもの。
犬猫たちを楽にしてあげる事が出来ます。
でも、それで治ったと安心してしまうのは
少し違うように思えます。

お薬はとても助かるありがたい存在。
でも、頼り過ぎないように気をつけないと。と思います。




薬は、諸刃の剣といわれます。
『目的を果たしてくれる面』と『体へ負担をかける面』が
ワンセットです。
予防の為に使われる薬も例外ではありません。

薬は役目を終えると肝臓で無毒化され
腎臓で濾過されて排泄されます。
お薬を使えば使うほど
肝臓も腎臓もいっぱい働くという事になります。
また生体本来のシステムにも狂いが生じる事もあります。

現代の犬猫には、予防に沢山のお薬が使われています。
それは、伝染病やフィラリア、ノミやダニから犬猫たいを守り、
私たちと犬猫たちの生活を守る為のお薬ともいえます。

お薬は良い面とそうでない面を持ち合わせています。




お薬は体調が悪い時に飲んだり塗ったり。
 それで、症状が治まると・・・・治ったと思います。
正確にいうのなら、それは症状がなくなったという事。

 犬猫たちに多い皮膚トラブル。
皮膚の炎症を抑え、かゆみを抑え、雑菌を殺す為にお薬を使用し
それにより症状が抑えられ不快が軽減します。

 でも、また繰り返す。
お薬は体を治しているのではなく、目の前の症状をなくしたり
軽減する事が目的だからです。

お薬を使うなというお話をしているのではありません。
お薬はすべてを解決するものではなくて、
辛い症状を抑えてくれたり軽減してくれるものだという事です。

獣医さんも同じだと思います。
獣医さんは悪い所を取り除いたり適切な薬を選抜してくれますが、
体を戻してるのではなく
症状を抑えているというのが適切なように思えます。 




体を元に戻すのが、お薬でも獣医さんでもなければ・・・・
治すのは誰か?
本当の意味で体を戻すのは本人ではないかと思います。

獣医さんも薬も体を戻すためのお手伝いにすぎません。
がんになり獣医さんに手術してもらって、
お薬でケアをして危機を脱出しても
がんを生み出した体から生み出さない体へシフトしなければ
再発・転移と繰り返してしまうかもしれません。

私たち家族にもお手伝いが出来ます。
病気を招いてしまった原因を探りながら、食事や生活環境など
犬猫達を取り巻くものを見直し、
同じ苦しみを招かないように・・・・
より良い食事や環境を考えてあげる事です。

犬猫たちには家族に与えられるものがすべてです。
病気になる前と何も変わらなければ、
犬猫たちが体を戻したくても
何も変わる事は出来ないのかもしれません。

体を戻すのは、獣医さんでもお薬でもないと位置付けると
私たち家族が取り組む方向性も見えてくるような気がします。



〜 関連商品 〜

■微生物酵素食品
三壽 トーダ酵素 戸田フロンティ酵素


Copyright(C) オリーブ. All Rights Reserved.