Home Shop Guide Contact OnlineShop

愛知県名古屋市緑区潮見が丘2−35−1
TEL 052−846−3365

Open 10:00 - 18:30  Close 月曜日

犬猫何でも相談 犬猫食事サポート いろんなお話 ちょっとだけオリーブの言い分 取扱商品

 ちょっとだけ・・・オリーブの言い分

育てられたように育つからね。

育てる事もしつける事も完璧なんてありません。

どんなに食事を考えても病気にならないって訳じゃないし、
病気になるかもしれない。

色んな事が伝わるからって、何でもできる訳じゃないし。
直らない事も言う事きかない時だってあるんだと思うんです。

でもね・・・・

元気に健康に育ってほしいという、あったかい思いがあって
その子の事を思いながら、ちゃんと向き合ってやってみる事って
素敵だなって思うんです。

そうやって育てられたら、いつか弟や妹が出来ても
自分が育てられたように、
きっと大切につきあってくれるんじゃないかと思います。

その子の良いところもそうでないところもわかってあげられたら
問題を回避しながら楽しむ事だって、きっとできるはずって思うんです。

みんなが出来る事が出来なくたっていいと思うんです。

だってうちの子には、うちの子のいいとこいっぱいありますから。
そう自信をもって言える家族でありたいと思います。

そして、うちの子にとって信頼できる一番の理解者でありたいと思います。

ある犬とは、2歳になるコーギー。
ペンブローグでムク。

私はトリマー時代からペンブローグがどうも・・・(ーー;) 
更にムクとなると・・・どうも・・・ねぇ。
運悪く気の強い子や噛む子に出会い過ぎたからかもしれません。

だからっていう訳じゃないですが・・・・

パピーの頃から知ってるんですけど、なんだかパピーらしさが無くてね、
当時は可愛いという言葉が出なかった。

更に、ハイテンションだし、吠えるし・・・
気を許さないキツイ目もしてたな・・・
お腹も弱くてすぐ壊してた。

あ〜どうなる事かと・・・・。
ご家族は栄養と食事を工夫しながらの体つくり。
体調を見ながら、焦らずにコツコツと取り組んだ結果
お腹が少しずつ整うようになったものの、

相変わらずの
ハイテンションと吠えるのは健在。(ーー゛)

でも、この段階で
私は『どうなる事か』⇒『安心』になりました。
それは、ご家族がその子とちゃんと向き合い、全部を受け入れていると感じたからです。
食事や栄養も体調を見ながら成長に合わせて試行錯誤し、
吠えるとかの気になる所や問題点だけにとらわれることなく
その子の良いところもちゃんとわかっている。・・・そう思えたからです。
そして、2歳。
しっかりした体格と筋肉。太く見えるけど肥満じゃなくて筋肉。
コートはまだまだこれから完成していくと思うけど
目を見張るほどチッカチカに輝いているコート。1本1本が光ってる。
素晴らしい!

驚きはそれだけではありませんでした。
心もちゃんと育んでいました。
喧嘩は売る事も買う事もしない・・・ パピーと上手に遊び・・・
争いごとを嫌い、パピーと上手に遊び、老犬には優しく
相手に合わせているのが良くわかります。
それは人に対しても同じ。どうやら言葉の理解や感情の受け取りも
随分できているようです。

アイコンタクトは教えなくても自然と出来てる。

お母さんに抱かれたら
爪切りしてても眠っちゃう。

それに、いろんな得意技も見せてくれます。
2年の間に心も体もちゃんと育み、大事に育てられたことがわかります。
ご紹介のペンブローグ。
他の視点でみればまだまだな点は多くあるのかもしれません。
しかし、特記すべきはしつけで何が出来て何が出来ないとかではなくて
体が大きいとか小さいとかそういう事でもなくて、

健康に育ってほしい、元気な子に育ってほしい
そう願って食事を考え、運動をして、沢山お話をして、いっぱい抱きしめて・・・・
その子の全部を受け入れて丁寧に
『育てた』という事。

これ、オリーブ的にはとても大切な事だと思っているんです。
しつけも大事、でも育てる事はもっと大事。
そう思っています。

育てる事の先には、信頼や安心や安らぎや、そういったあったかいものが生まれます。
家族にとって大切な存在となると同時に
その犬にとっても家族が大切な存在になるのです。

何か楽しい生活が始まりそうな気がしませんか?

犬を家族として迎え入れた時、心配事の一つに『しつけがちゃんとできるかな』って思いませんか?

犬と生活する上でしつけは大切な事だと思います。
でも、しつけが優先してしまって育てる事が忘れられてしまっていたりすると
しつけもなんだかうまく行かない気がします。

育てる事は、しつける事って思われている事も多いみたいだけど
育てる事としつける事って、ちょっと違うんじゃないかな。

人間の場合で考えてみると・・・・

育てる
広い意味でならしつけも含まれそうだけど
育てる本質は、未来の為に
体を作り心を育む事のように思います。

しつける
成長に合わせて親御さんが家庭の中で
常識や作法などを身につけさせる事。
家庭での教育といったところだと思います。

赤ちゃんは泣いてミルクを要求したり、排泄した事を伝えたりして
お母さんにお世話をしてもらい、あやしてもらったり、抱きしめられたり、
腕の中で眠ったり・・・ 
そんな中でお母さんの愛情や安心や安らぎを感じとるのだと思います。
もう少し成長すると親御さんは色々な事を
子供に伝えはじめます。
箸の持ち方・食べ方・片づけ・
あいさつ・整理整頓・・・・・
子供は家庭で学びながら社会と
かかわりを持ち成長していきます。

犬の場合は・・・いきなりしつけが多くないですかぁ? どうかな。

犬達の多くは母犬からの愛情もそこそこに、新しい家族の元へやって来ます。
母犬は仔犬たちを一人前になるまで育てる事が出来ませんし、
生きて行く為のルールも教えてあげる事も出来ません。

仔犬を家族にするという事は、母犬の役目を私達が引き受ける事になるのです。

母犬は、私たち人間が我が子を育てるのと同じように大切に育てるのだと思います。

私達が犬にとって安心や安らぎ、信頼できる存在になる前に、
しつけを始めるのは、少し傲慢なような気がします。

Copyright (C) 2016 Olive. All Rights Reserved.